すっぴんに自信が持てる|美肌になるための道

レディー

正しく洗おう

目を閉じる人

化粧や顔の汚れを落としたりする時には洗顔石鹸や洗顔フォームなどを使用して落とします。洗顔石鹸を使用する際には自分の肌に適したものを使用するとよいでしょう。そうすることで肌荒れになる原因を防ぐ事ができ、綺麗な肌を保つことができるのです。そのためにも、洗顔石鹸や洗顔フォーム選びは需要になります。

洗顔を行う時に洗顔石鹸を使用する人は多いです。しかし、中には間違った洗顔方法で洗顔を行い肌が荒れてしまうという人もいます。そうならないためにも、正しい洗顔の方法で洗顔を行い綺麗な肌を守るようにしましょう。洗顔を行う時には、まずぬるま湯で顔を濡らす事が大切になります。よく冷たい水で濡らす人もいますが、ぬるま湯で顔を濡らすことで、顔の毛穴が開いた状態になり、毛穴の奥の汚れまで落ちやすくなるのです。ぬるま湯の温度は35℃ぐらいがよいとされています。顔を濡らした後は泡立てネットを使用して洗顔石鹸を泡立たせます。よく泡立たせたら、始めに顔のおでこから鼻の先までのTゾーンに軽く泡を乗せ、手の平を使って優しく泡を伸ばして行きながら洗っていきます。鼻先などは汚れが溜まりやすい場所であるため重点的に洗うとよいでしょう。しかし強く擦り過ぎると肌にダメージを与えてしまうため、優しくゆっくり回すようにして洗ってあげるとよいでしょう。Tゾーンが終了した後は、頬を洗っていきます。頬を洗う時もTゾーンと同じように優しく洗ってあげる事が大切です。そして最後に目や口を洗っていきます。目や口などは他の場所よりも皮膚が薄いため十分な注意が必要になります。そのため、洗う時にはあまり擦らず泡を乗せ2、3回指先で回す程度でよいとされています。目や口を洗った後は、泡をぬるま湯でしっかり洗い流して、清潔なタオルで十分に拭いたら洗顔は終了となります。洗顔を行う際には、ゆっくり優しく洗うことが大切になるので気をつけながら行うようにしましょう。